山梨のぶどうなら甲斐屋農場

農薬散布をギリギリまで少なくし、さらに一部畑では農薬を減らすためにイオン水(強酸性・強アルカリ性)で栽培。 そのため自然なコクと甘さを引き出した巨峰・ぶどうが栽培できます。

巨峰の丘 山梨県山梨市牧丘町
〒404-0003 山梨県山梨市牧丘町倉科3145
TEL:0553-35-2258  FAX:0553-35-4455

甲斐屋農場のこだわり

ぶどうの特徴

甘みだけでなく、コクのある『種あり』ぶどう
甘みだけでなく、コクのある『種あり』

巨峰を品定めする時、食べやすいからという理由で『種なし』を選んでいませんか?
実は『種なし』ぶどうは、生育段階で薬剤処理をして種を抜き、粒を大きくしています。
その為、つやも出て見た目には良くなりますが、ぶどうのおいしさに欠かせない『コク』を失っているんです! 甲斐屋農場のこだわり『種あり』巨峰は、ただ甘いだけでなく絶妙な酸味を併せ持ち、甘さをより一層引き立てます。
また、おいしさだけはでなく、高い栄養価も特徴です。
ぶどう本来のおいしさと栄養は、小ぶりの『種あり』巨峰の中にギュッと詰まっているのです。

『低農薬・減農薬』技術をとことん追求
『低農薬・減農薬』技術をとことん追求

甲斐屋農場では、『おいしさ』と『安心・安全』をお客様にお届けしたいという想いで、十数年前から農薬散布をギリギリまで少なくし、ぶどう本来のおいしさを引き出すことに取り組んでいます。

ページトップへ

農場の特徴

ぶどう作りに最高の環境
ぶどう作りに最高の環境

牧丘地区は、ぶどうどころ山梨の中でもぶどう作りに適した環境に恵まれています。

  • 昼夜の寒暖の差がある
  • 南向き斜面で日当りがよい
  • 水はけが良い

全国的に有名な勝沼地区ほど知名度はありませんが、巨峰の栽培に関しては知る人ぞ知る名産地。富士山を望むロケーションも抜群の牧丘地区にぜひお越しください。

除草剤を使用しない『草生栽培』
除草剤を使用しない『草生栽培』 除草剤を使用しない『草生栽培』

甲斐屋農場では、牧丘地区の環境に甘えることなく、さらにおいしいぶどうを育てるために手を抜きません。
おいしいぶどうを育てるためには健康な土作りから。除草剤に頼ると土はいつしか悲鳴を上げ、栄養のない枯れた土になってしまいます。甲斐屋農場では、ぶどうが育つまでの冬から春の間、エン麦を育成しています。エン麦のおかげで無駄な雑草が生えることはありません。膝丈まで育ったエン麦を伐採することを初夏までに数回繰り返すと、エン麦はそれ以上生育せず、伐採したエン麦は有機肥料として活躍してくれます。
恐ろしく手間のかかる作業ですが、全てはお客様の『おいしい!』のひと言のため。おいしいぶどう作りのためにはシーズンオフはありません!

おいしいぶどうをゆっくり楽しんでいただきたい
おいしいぶどうをゆっくり楽しんでいただきたい

甲斐屋農場では、ツアーバスはお断りしています。時間に追われてぶどう本来の味を楽しんでいただけないためです。
短時間で大勢お越しいただけることは大変ありがたいことなのですが、ゆっくりお楽しみいただいているお客様にも慌しさは伝染するもの。

甲斐屋農場では、抜群の景色の中、最高のぶどうを味わっていただきながら、『贅沢な時間・空間』を楽しんでいただきたいと考えています。農場内には『木のブランコ・ハンモック』なども用意して、お客様の優雅なひと時を演出します。

ページトップへ